メンバー専用

最新の投稿

月別アーカイブ

フォトレポート

workshop「写真の知識を共有しよう!」開催

 | written by SNB管理者

SNAP BOOK NAGOYAが今年で二周年を迎えるということで、2015年4月19日にworkshopを開催しました!
今回は企画から発表準備、講師の依頼、参加者などサークル内のメンバーを募っての開催です。

座学がメインなので「写真が撮りに行きたい!」という声が聞こえてきそうでしたが、笑いがあったり質問・回答のやり取りがあったりで良い雰囲気でタイトルの目標が達成できたと思います(^ω^)

以下は各項目の講師を担当してくれたメンバーの感想です。

カメラの基本的な操作と知識編

ワークショップ「マニュアル撮影への道」を担当しました。しゅんです。
当日はドキドキしながらも30分間楽しんで説明することができました。
真剣に聞いてくれる人がいるって幸せ。笑

絞り、シャッタースピード、感度
この3つの数値がどのような関係にあるのか、しっかり理解して撮っている人はどれくらいいるのでしょうか?
撮影モードをマニュアルモードにして撮影した事が無い人は必ずいると思います。

写真サークルに入ったのなら、一度はマニュアルモードで撮ってみて欲しい。

そんな想いから「マニュアル撮影への道」というタイトルにして30分間お話させていただきました。

DSC_5207
説明の補助として登場させた「光の妖精 ひかる君」ですが、実は1年ほど前から考えていたキャラクターでした。光というのは当たり前に存在していて、普段は明るい・暗いというぼんやりとした指標でしか判断していないので、いざ光の量をイメージしようとしてもなかなか上手くイメージできないのだと思います。そこで、光を具現化して強烈に頭の中にインプットされるようなキャラを作ろうと考えた結果、ひかる君が誕生したというわけです。

今回は最低限の「キホンのキ」程しか伝える事ができませんが、カメラの設定によって光の量がどのように変化するのかがなんとなく分かったのではないでしょうか。

カメラを買ったはいいけれど、設定が良くわからないからタンスにしまっておこう。
オートモードでも十分綺麗に撮れるから、マニュアルモードは封印しよう。

そういった人達にカメラの使い方を分かりやすく説明し、カメラの楽しさ・面白さを再発見してもらいたい。私にとって今回のワークショップは始まりであり、今後も希望者を募って基礎的な講義をしていきたいなぁと思っています。

最後になりますが、今回講師を担当する事になり、私自身カメラの知識はもちろんのこと、写真に対する考え方でも大きな成長をすることができたと感じております。

ワークショップを企画していただいた関係者の方々に心から御礼申し上げます。

これからも皆で素晴らしい写真を撮りに行きましょう!

レンズ選び編

「レンズ選びと特性」の講師とworkshopの企画を担当しました、かんとくです。

担当内容の発表にあたり。

30分という短い発表時間で本来奥が深~いレンズのお話と資料作りができるかどうか少し心配でしたが、無事時間内で終わってホッとしています(笑

今回はレンズに関する基本的な知識と種類、特性を学んだ上で実際の写真撮影のステップアップに繋げていくことを目標に、下記の構成で発表をしてみました。

【写真の写りに直接関係する内容】
画角と焦点距離の関係、被写界深度など

【 レンズ選びに関係する内容】
マウント、レンズ性能の読み方、明るいレンズについてなど

【レンズの特性について】
シチュエーション別のレンズの使い所について

 

写真を撮っていると
「撮った写真はいつもどこか平坦で普通な感じの写真になりがちだなぁ」
「よくわからないけど良い感じに撮れた!」
「いざ新しいレンズを買ってみよう!と思っても値段や難しい数字が…」と感じた事はないでしょうか?

カメラ本体とレンズがあれば簡単に写真は撮れるのですが、そこに今回お話したようなちょっとしたレンズと撮影の知識が加われば、写真の世界がもっと楽しく思い通りのものに近づけると思います!

簡単にまとめましたが、今回のレンズ選びと特性のお話と作成した資料が少しでも写真が楽しくなる手助けになってもらえると幸いです(^-^)

workshop企画・開催にあたり。

「自分の思いのままの写真」が撮れるようになる基礎的な話題をサークルのメンバー皆で協力して共有できたら今後の撮影会がもっと楽しくなるんじゃないかなぁ。と長らく思っていました。

たくさん撮って感覚や感性で覚えてくのも大事だけど、せっかくサークルとして何かやるなら、この機会に皆同じスタートラインに一度立ち返ってみたら同じ一歩が踏み出せるかもしれない!と思った次第です。

そんな中で今回のworkshop開催を担当してみると、改めて自分の知っているようで知らなかった知識や他のメンバーの写真に対する考え方などに影響を受けて成長できた部分が多くあったと感じました。

おかげさまで、自分だけの知識や経験だけではカバーできない充実したworkshopを関係者のご協力と参加してくれたメンバーで達成できました(´▽`)

今後も希望者を募ってこんな感じの講習会や雑談を継続してできたら面白いかなと思っていたりします。

これからも充実した写真ライフを皆で楽しみましょう!(^ω^)

 

 

撮影技術の応用編

Joey’s Photo Shooting Tipsと題して4部構成での講座を行いました。
まずはストロボの使い方。使い方がわからず敬遠している人(顔が真っ白になっちゃった!など)も多いストロボですが、雨や雪にストロボを当てた写真、ワイヤレスの撮影などいろんな使い方の提案をしました。早速ストロボを買ってしまった、自分の持っているカメラでワイヤレスができてびっくり!などそんな話を後日聞いています。

次に露出の話。ヒストグラム表示の見方、意外にみんな知らなかった液晶画面の白飛び表示の話からはじめ、標準露出から1歩進んで “撮り手の意図を伝える” ためのローキー・ハイキー写真の撮り方をお伝えしました。

その後はスローシャッターをまとめておさらい。花火・イルミネーション・星の綺麗な撮り方や滝の流れを写し込む方法に加え、使用する機材などについても説明しています。

最後に構図について。自分の写真は構図が独特だとよく言われますが、トリミングは一切行っていません。一般的によく言われる教科書的な構図の話ではなく、 “自分の描き出したい被写体のストーリー” を載せるための切り取り方についていつも考えていることをお伝えしました。

どこをどう美しいと思ったか、どの角度・距離からそこを見たら一番魅力を引き出せるか。被写体と周りの関係をどう写すか。「あ、綺麗だな」だけで撮らずに、その心の動きまで写し込むため被写体とじっくり向き合うことの大切さを心に留めてほしいと思っています。



レタッチ術編

「レタッチ術」の講座を担当しました、ざわです。
SNBでフォトレタッチを行っている人は、まだまだ少数派です。

そこでこの講座では、レタッチって何?という初心者を対象に
・失敗した写真でもレタッチで救いだせることを知る
・トーンカーブのマスター
の2つを目標として、LightroomやPhotoshopを実際に動かしてレタッチ前後の写真を比較しながら、レタッチの簡単なテクニックについてお話ししました。

まずは、これまでの講座で覚えた「ヒストグラム」の復習。

それから、ヒストグラムを見ながら「トーンカーブ」を動かすことで、白トビや黒トビを抑えながら写真の明暗やコントラストをつけるテクニックについて話しました。

また、応用として「RGBのトーンカーブを動かしてレトロ調の写真にする」「ゴミ取りトーンカーブで写真のゴミを探す」というテクニックをお伝えしました。ゴミ取りは「水族館のシャチの皮膚についた傷を消す」という例で実践したのですが、「女の子の肌に使うとスゴイです」という話をした時の会場の盛り上がりが印象的でした。

また、オマケとして、モノクロ写真の調整方法や、Photoshopアクションファイルを使った1クリックでできる色調補正についてもお伝えしました。

最後に、レタッチにおすすめのソフトの紹介も行いました。

今回の講座が、レタッチで表現の幅を広げるための最初の足がかりになればと思います。

DSC_5222

非公式撮影会で ふもとっぱらキャンプ場に行ってきました

 | written by OGW

SNAP BOOK NAGOYAの仲間と2015年5月9日-10日に

ふもとっぱらキャンプ場にて非公式撮影会を開催しました。

 

小鳥の合唱と澄み渡った空気が、とても清々しい空間でした。

そして、何より仲間が作ってくれた御飯が最高に美味しかったです!!

 

さて、朝日をタイプラプスで撮った写真を動画にしました。

少しだけその雰囲気をお裾分けです。

 



(20150510 04:33-05:23 30秒間隔で100枚撮ったタイムラプス撮影)

撮影:OGW

 

こうやって写真好きの仲間と過ごす空間は、とても幸せなヒトトキを

与えてくれます。

 

話は変わりますが、入会の受付を少しずつ再開してみようかな。

なーんて思っています。

一度の撮影会に1−2人のペースで。時期は未定ですが。。。

興味のある方は、メール下さい。

 

 

第1回写真合宿 in 郡上八幡

 | written by OGW

8月15日16日の二日間、郡上八幡に徹夜踊りを撮りに写真合宿を行いました!

郡上八幡に着いて、宿泊先の善光寺会館さんに着いたまでは、天気は良かったのですが、郡上踊りを踊る際に履く”鳴り下駄”を購入した辺りから雲行きが怪しくなってきました・・・

そして、雨、あめ、アメ・・・。

というか、豪雨。

一旦、旅館に避難しつつ、写真を撮ったり、天徳湯さんでお風呂に入ったり、善光寺会館さんで晩御飯を食べたり、まったりした時間を過ごせました!

そして、石川呉服店さんで浴衣を借りて、いざ、徹夜踊りへ!

雨に濡れながら浴衣を着て踊って、写真を撮ったのは忘れられない良い思い出となりました。

そして、夜は宴会!

郡上のお酒を飲みながら、トランプをしたり、酔い潰れたり、日頃できない会話を楽しみました!

早朝、4時に起きて、朝日が照らされながら踊る徹夜踊りを撮ってきました!

早朝は地元の人しか踊っておらず、息もピッタリと合っていて、写真の撮りがいがありました!

二日目は鮎掴みやら、秘湯の温泉に入る予定でしたが、前日の豪雨で増水していたので、早めの解散。

時間がたっぷりとあったので、写真をじっくりと撮れたことに加えて、仲間同志が仲良くなれたことが一番の収穫ではないでしょうか?

最後に、仲間が撮った写真をUPします!

 



 

 

 

 

 

大阪写真サークルAWSが5周年Anniversary!!

 | written by OGW

姉妹サークルであるArtworks Osaka (AWS)が5周年Anniversary Partyが開催されました!

 

11月に開催したSNBの写真展にもAWSメンバーが来てくれるなど、クリエイティブな活動を通して、交流がとても盛んな両サークルです(元々、AWSに所属していたOGWとチャノキが名古屋に住むことになった事がキッカケで、SNBは設立しました)。

名古屋と大阪と距離的には離れていないので、AWS✖SNBのコラボ企画などに挑戦することが今度の目標です!

SNAP BOOK NAGOYAも5年、10年と末長く続くサークルであったら良いと願わんばかりです。

さて、AWS 5周年Anniversary Partyの様子を一部ですが、紹介したいと思います。

 

AWS 5周年パーティーAWS 5周年パーティー

AWS 5周年パーティーAWS 5周年パーティーAWS 5周年パーティーAWS 5周年パーティー AWS 5周年パーティー AWS 5周年パーティー AWS 5周年パーティー

部長 OGW

第二回SNAP BOOK NAGOYA写真展『The WAY』

 | written by OGW

2014年11月1日から3日の三日間、市民ギャラリー矢田の第六展示室で二回目の写真展を開催しました。

写真展のタイトルは『The WAY』

写真展『The WAY』では、被写体、撮り方、展示方法、そして写真への想いも、それぞれの方法に委ねました。

仲間の個性を最大限に尊重したこの写真展で SNAP BOOK NAGOYA がこれから進む道を写し出したいという想いを込めて、このタイトルにしました。3日間で約300人の方に作品を見て頂き、様々なコメントが頂けたことが最大の収穫であり、本サークルの財産となりました。

また、SNAP BOOK NAGOYAは、新規のメンバー募集を停止しておりますが、写真展等でのみ新規メンバーを”こっそりと”募集しております。(次回は未定)写真展を通して沢山の出会いがあることも、写真展を開催する一つのメリットだと思っております。

そして、SNAP BOOK NAGOYAの仲間が、撮り方、写真への想い、展示方法などを学べる良い機会となったと思います。
最後になりましたが、ご来場して頂いた方には、深く御礼申し上げます。

部長 OGW

*以下、写真展の様子です*

ナイトZOO@東山動植物園

 | written by OGW

3年ぶりに復活したナイトZOOに仲間と行ってきました!
17時頃に正門に集合して、いざ、動物園へ!
暗くなるのを待って、動物たちのもとへ!

まずは、ペンギン!
夜のペンギンは水の中に入らずに、ジッとしているんだ。


P01_5812

次はカンガルー!
無心に食べ物を食べている姿が可愛かった
そして、渾身のジャンプ&ダッシュは素早かった!

P01_5873

そして、キリン!
こちらもお食事中。
よく食べるんです。

P01_5969

そして、シロクマ。
ジッと水の中で休憩しておりました。
うん、動かない。

P01_5983

最後に、フラミンゴ。
ライティングはされておらず、1秒ほどあけて撮影。
ピントを合わせるのに一苦労。
気がついたら、もう20時半。
閉園のお時間です。
ぜーんぜん、時間が足りない!

ナイトズーはフラッシュは禁止なので、注意が必要です。
また、明るいレンズを持っていれば、三脚は要りません。
え?手ぶれするやんって?
動物は動いているから、枚数を撮って、動物がブレていない写真を選ぶしかないのです
開き直るのが一番です

名古屋みなと祭に花火を撮りに行ってきました!

 | written by OGW

7/21(祝)に開催された名古屋みなと祭に花火を撮りに行ってきました!
今回の参加者は20人強なので、10人ずつの2班に分けて行動っ!
その内、6人がこの撮影会に初めてサークルに見学される方でした。

16時前には会場に着いたのですが、もう既に多くの三脚が!!!
2班ともに、同じ所から撮るのもつまらないので、違う場所を確保っ!
何とか2班ともに最前列のベスポジをキープできました。

それから、腹ごしらえをしたり、出し物を見に行ったり、ビールを飲んだり、仕事等で遅れてくる仲間を迎えに行ったり。。。

DSC_1353

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして、花火が開始。
シュシュルーーーーー、ドーーーーン。

P01_3359
手持ちで頑張ってみたり

P01_3610
多重露光で遊ぶ仲間

image
あっという間の一時間でした。


夜の蝶

520A7401_2

IMGP7072


帰りは、あおなみ線の稲永駅まで歩きました。だいたい30分くらい。
あおなみ線の稲永駅では、電車にスグに乗れて、22時前には金山駅に着いていました。

花火の撮影は三脚があれば比較的簡単に撮れます
けど、花火が広がるタイミングや場所を予想しながら、シャッタースピードを計算して・・・
奥は深くて、面白いです^^

文化のみち

 | written by SNB管理者

6月22日
楽しみにしていた愛知牧場での撮影会。
生憎の雨で撮影場所変更…(´-`)
ヤギ撮りたかった…(´-`)
あとカモ。。。


変更先は文化のみち。
くじ引きをして
3班に分かれて撮影しました。

建物が素敵。
名古屋にこんなスポットがあったなんて(O_O)
和室、蔵、茶室、庭、等々。
日本独特の懐かしいくて落ち着いた雰囲気。
別の建物にはステンドグラスもありました。


そして私事ですがNEWカメラでびゅーしました(^^)
使い方があやふやな状態で撮り始めます(O_o)
アドバイス頂きなからの撮影~

どの構図がいいのかな~
どうやってぼかすのかな~


IMG_0037

IMG_0035


難しいです(-_-。)



早くとびっきりの一枚が撮れる様になりたーい(^^)


初心者なりに気長にゆるーく頑張ります。
次の撮影会も楽しみです(^^)♪

クリエイターズマーケット in ポートメッセなごや

 | written by SNB管理者

撮影会とはちょっと違う路線ですが、土曜にクリエイターズマーケットへ一部のメンバーと行ってきました。

クリエイトということで、個人が作製した雑貨やアクセサリー、家具、衣類などな出品ジャンルは様々。

写真のサークルや個人出展もあったりで、写真を通して色々な方とお話をさせていただくことができました(^ー^)

本イベントは前日まで存在を知らなかったのですが、サークルという場を通して色々な情報交換ができるもの大きなメリットですね。

会場内や商品の写真はちょっと上げにくいので、思わず買ってしまった個人製作の作品(スマホスタンドと小物入れ)を上げておきます。個人的にはコンセプトが明確で造りが細かくクリエイター魂を感じる一品でした。


小物入れ

小物入れ


皆さんもお気に入りの一品を探してみてはいかがでしょうか!

天野川の蛍

 | written by OGW

6月14日に仲間と滋賀の天野川に蛍を撮りに行ってきました(非公式撮影会)。
名古屋からは車で1時間強で行けますが、自然が残っている地域です。
とっても幻想的な雰囲気でした。

84秒ほどシャッターを空けっぱなしで撮影しました!
(D600, 35mm f1.8, Iso1250, 84s, f5)

次はヒメホタルを撮りたいな。

ページのトップへ